The 411 School 「スクーリング(授業)一回のみ受講」

 

講座受講規約

<第1章 講座の内容>

第1条 「スクーリング(授業)一回のみ受講」とは The 411 School に受講生登録をすること無しに、 The 411 School が行う公開セミナー以外の講座のスクーリング(授業)を一回のみ受講することを指します。

 

<第2章 スクーリング(授業)一回のみ受講の申し込み>

第1条 受講は18歳以上の方に限らせていただきます。

第2条 The 411 School の公式ウェブサイト(www.the411school.com)に記載されている所定の申し込み方法に従ってお申し込みください。

第3条 規定人数に達しないなどの理由で講座が開講されない場合は、お支払い頂いた受講料の全額を銀行振込みにより返金致します。振込み手数料は The 411 School が負担します。

第4条 お送りいただいた「スクーリング(授業)一回のみ受講申し込みのメール」が The 411 School に到達した時点で申し込みの意思表示がなされたものとします。ただし、その場合でも指定期日までに受講料のご入金がなされないと受講手続きが完了したことにはなりません。

 

<第3章 受講料のお支払い>

第1条 当講座の受講料は指定期日までに全額を The 411 School が指定する銀行口座にお振込みください。振込み手数料は受講者負担とさせていただきますのでご了承ください。

第2条 振込み金融機関の発行した振込み受領書をもって領収書に代えさせていただきます。宛名(講座受講者名)の入った領収書が別に必要な場合はお申し出いただければ発行いたします。

 

<第4章 スクーリング(授業)受講キャンセル、およびそれに伴う受講料の返金>

第1条 受講料をお支払いいただいた後にキャンセルを希望なさる場合、「スクーリング(授業)受講キャンセル希望の旨」を電子メールあるいはファックスを用いて、必ず「文書」で講座開始日の前日の午後6時までに The 411 School に到着するようにお送りください。お支払いいただいた受講料からキャンセル手数料3,000円(銀行振込み手数料込み)を差し引いた残り全額を受講申し込み者本人名義の銀行口座へ振込み返金いたします。

第2条 講座開講日当日以降のキャンセルはできません。一度お支払いいただいた受講料は講座開講当日以降は一切返金できませんのでご了承ください。

 

<第5章 授業の出欠、遅刻、早退、振り替え>

第1条 止むを得ない事情がある場合を除きスクーリング(授業)には必ずご出席ください。

第2条 止むを得ない場合は仕方ありませんが、スクーリング(授業)に遅刻することがないようにしてください。授業中に入室することは他の受講者の方々に対する迷惑行為ともなりますので十分にご理解していただきますようお願いいたします。もし遅刻をしてしまった場合は速やかに、かつ、静かに入室および着席してください。早退する場合も同様です。

第3条 欠席したスクーリング(授業)に対する振り替えは行いません。

 

<第6章 スクーリング(授業)の休講>

第1条 講師の都合(急病など)及び事故、交通機関の不通、悪天候(暴風警報または大雪警報発令)、天災、災害、ストライキなどにより止むを得ずスクーリング(授業)が休講される場合があります。休講となることが分かり次第、緊急連絡方法で連絡を差し上げます。

第2条 スクーリング(授業)の休講の理由が講師の都合(急病など)および事故による場合、別の日を設定してスクーリング(授業)を行わせていただきます。もし、その日にどうしてもご都合が付かない場合は事前にお申し出いただければ、受講料を返金するか、別の講座のスクーリング(授業)に振り替え可能とするなどの方法で対処させていただきます。

第3条 スクーリング(授業)の休講の理由が交通機関の不通、悪天候(暴風警報または大雪警報発令)、天災、災害、ストライキによる場合、別の日を設定してのスクーリング(授業)は行いませんのでご了承ください。

 

<第7章 使用する教材>

第1条 スクーリング(授業)で使用する教材は講師が必要に応じて配布いたします。あるいは、所定場所からダウンロードし印字したものをお持ちいただくことになります。

第2条 講座の内容に関連した市販の書籍、教材などを推薦させていただくこともありますが、それらの購入を強制することは一切ありません。

 

<第8章 スクーリング(授業)の際の教室内での注意点>

第1条 The 411 School では基本的に全てのスクーリング(授業)は英語のみを使って行います。スクーリング(授業)中に担当講師や他の受講生の方に日本語で話しかけることは禁止となります。日本語の使用は英語に集中しようとしている他の受講生の方に対しての迷惑行為となりますので絶対にお止めください。

第2条 教室内は禁煙となっております。タバコを吸うことはできません。

第3条 教室内では飲食はできません。ただし、ペットボトルに入った水・お茶などをお飲みいただくことについては全く問題ありません。特に発音練習中は喉が渇くことがありますので、飲料水をお持ちいただけると良いと思います。ただし、空き缶、ペットボトルなどのゴミを会場に置き去ることはお止めください。ゴミは必ずお持ち帰りください。

第4条 スクーリング(授業)中は著作権保護などの理由から、受講者が授業内容の録音、録画、および写真撮影を行うことは一切禁止となります。携帯電話や小型録音・録画機材などを使った悪質な隠し録り・撮りなどが発覚した場合、法的手段をとらせていただくこともありますので、この点については厳重にお守りください。

第5条 教室内で担当講師および他の受講者のプライバシーを侵害するような行為は禁止となります。

第6条 スクーリング(授業)進行の妨げとなるような行為、他の受講者に対して迷惑となるような行為は全て禁止となります。

第7条 携行品・貴重品は必ず手元におき、盗難や紛失にはご注意ください。万が一、受講者が教室内で携行品・貴重品を紛失した場合、The 411 School では一切その責任を負いかねますので、受講者個人による携行品・貴重品の管理を徹底してください。

第8条 教室および教室内の備品を破壊、破損などした場合、弁償していただくことがあります。

 

<第9章 個人情報・プライバシー保護について>

第1条 講座受講申し込みの際に登録された受講者の個人情報については、The 411 School が注意をもって厳重に管理します。個人情報は The 411 School の講座を円滑に運営することのみを目的として利用され、情報の内容が第三者に渡るようなことはありません。

 

<第10章 著作権について>

第1条 講座開講中に The 411 School および講座担当講師から提供される授業内容や情報の著作権は The 411 School に帰属します。それらを、複製、編集、加工、発信、販売、出版、その他いかなる方法においても、The 411 School の許可を無くして著作権法の枠を超えて使用することを禁止します。

 

<第11章 The 411 School との連絡について>

第1条 The 411 School との連絡は電子メールでお願いいたします。メールは全て info@the411schoo.com 宛てにお送りください。メールの本文中に必ず受講者名および受講講座名を明記してください。

 

<第12章 定めなき事項>

第1条 本規約に定めのない事項については、両当事者が協議を行った上でこれを定めるものとします。