トップページに戻る

 

 

 

「411式 英語発音完全マスター講座 実践編」 コース詳細

 全ての方を対象とした英語重要音素の発音訓練コース (英語発音習熟度: 初級〜上級下)

::::::::::  当スクールでは国際的に標準英語として一番使われることが多い北米英語の発音を指導しています。  ::::::::::

 

「411式 英語発音完全マスター講座」は以下の構成となっています。

「411式 英語発音完全マスター講座」

 

「入門1」・「入門2」・「入門3」  「実践編」

基本音素(母音・子音)の紹介と個々の音素の発音練習

「基礎1」・「基礎2」・「基礎3」  「実践編」

「音のユニット」、音の連結と縮約、音変化現象の理解と発音練習

「応用1」・「応用2」・「応用3」  「実践編」

センテンスを使った高度発音技巧習得のための発音練習

「発展1」・「発展2」・「発展3」  「実践編」

パラグラフを使った発音練習、抑揚や感情移入などの練習、など

上級者対象の他の多くの講座が開講されているため、今後「発展1」・「発展2」・「発展3」は開講いたしません。

 

甘く見てはいけない基本音素の発音!

「入門1・2・3」で英語の基本音素の発音をしっかりと身に付けた後 (*) に「基礎1・2・3」、「応用1・2・3」へ進む必要がありますが、実際には多くの方が基本音素の発音を完成させる前に「基礎1・2・3」、「応用1・2・3」へ進んでしまっています。

音の連結や高度発音技巧を使った自然な英語の発音は「既に基本音素がほぼ完璧に発音できている」ということが前提となりますが、重要な母音や子音の発音があいまいな状態では英語の高度発音技巧を単に知識として理解することはできても実際に正しい音として口から発することはできません。

また、基本音素が正しく発音できないままより高度な発音技巧の練習を行おうとすると、非常に不自然な音となってしまい、最悪の場合、かえって練習を継続することで間違った発音が身に付き発音が下手になるということもあり得ます。

基本音素を徹底的に練習し早期に完成させることを当スクールでは強く唱えておりますが、なかなか実行できていない方が多いということが実情です。

「411式 英語発音完全マスター講座 実践編」は「入門1・2・3」、「基礎1・2・3」、「応用1・2・3」という従来の「横割り構成」を「縦割り構成」に変え、基本音素の導入からより高度な発音技巧実現へ応用するまでの全過程を1つのコースで同時に扱うハイブリッドコースです。

英語の発音練習に初めて取り組む方(英語発音の初心者)から既にある程度の発音練習を積んで来られた方(中・上級者)まで全ての方を対象としているため基本音素の習得、見直し、強化を目的とする全ての方に受講していただけます。
 

 (*) 「入門1・2・3」のくり返し受講を強く推奨しています。

 

アメリカの有名大学の言語学や音声学の授業でもここまで詳しく掘り下げて発音を扱うことはまずありません。

高度な英語発音技巧を一つずつ丁寧に指導いたします。

驚愕に値するほど詳しい内容の英語発音講座です。

 

コース概要

各セッションの開始後に「シュワ音」と「声門閉鎖音」の練習を5〜10分程度行います。

セッション名: 1-A (約115分)

セッション名: 1-B (約115分)

(内容) 子音 [ n ] の発音 (その1)

  • 口の構えと舌の部位(舌尖と舌端)について
  • 子音 [ n ] (Thick-N) の発音練習
  • 子音 [ n ] (Light-N) の発音練習
  • 舌尖と歯槽隆線で作る子音 [ n ] (Special-N) の発音練習
  • 舌端と歯槽隆線で作る子音 [ n ] (Laminal-N) の発音練習
  • 子音 [ n ] を出すさいの発声練習(声帯を振動させ声を鼻腔へ送る練習)
  • 強勢が置かれる「音のユニット」の出だしで使う子音
    [ n ] (Thick-N) の2度連続発音(音程上昇変化型)の練習
  • 強勢が置かれない「音のユニット」の出だしで使う子音
    [ n ] (Thick-N) の2度連続発音(低音程平板型)の練習
  • 「音のユニット」の末尾で使う子音 [ n ] (Light-N) の発音練習
  • 「音のユニット」の出だしで使う子音 [ n ] (Light-N) の2度連続発音(音程上昇変化型、低音程平板型)の練習
  • 子音 [ n ] (Light-N) と子音 [ n ] (Thick-N) が連続した場合の優位性について
  • 子音 [ n ] (Light-N) に母音が続いた場合の子音
    [ n ] (Thick-N) 化について
  • 子音 [ n ] (Laminal-N) の使い方の練習(後続の子音、特に声門閉鎖音との関係)
     

子音 [ n ] は非常に奥が深く、115分のスクーリング1回で全てをカバーすることはできません。スクーリング2回に渡って子音 [ n ] の応用練習を行います。

可能な限りセッション 1-A と 1-B の両方を受講なさることをおすすめします。

(内容) 子音 [ n ] の発音 (その2)

  • 接続詞 and が母音に挟まれたさいに and を子音
    [ n ] (Laminal-N) として発音する場合の2通りの発音方法(音程上昇変化型2度連続発音、低音程平板型2度連続発音)
  • 子音 [ n ] (Laminal-N) と子音 [ n ] (Thick-N) の優位性について
  • 強勢が置かれない (t)ten / (d)den / (t)tan / dan / (t)ton / don / tain / tin / dn を子音 [ n ] (Laminal-N) または子音 [ n ] (Thick-N) として発音する練習
  • 子音 [ ] の直前で子音 [ n ] (Laminal-N) を使う練習
  • 子音 [ s ] の直前で子音 [ n ] (Laminal-N) を使うか子音 [ n ] (Light-N) を使うかを「音のユニット」の構成から判断する方法とその発音練習
  • 有声子音 [ ] が子音 [ n ] (Light-N) 化するケースとその発音練習
  • 子音 [ n ] (Light-N) 化しない有声子音 [ ] で始まる単語について
  • 子音 [ n ] (Light-N) の子音 [ ] 音化について
  • -ing に母音が続く場合の ng 部分を子音 [ n ] (Special-N) に変えて発音する練習
  • 前後にある子音との関係により子音 [ ] 音を子音
    [ n ] (Special-N) に変えることができない場合の発音練習
  • 全てのタイプの子音 [ n ] を使った総合発音練習、など

子音 [ n ] は非常に奥が深く、115分のスクーリング1回で全てをカバーすることはできません。スクーリング2回に渡って子音 [ n ] の応用練習を行います。

可能な限りセッション 1-A と 1-B の両方を受講なさることをおすすめします。

セッション名: 2-A (約115分)

セッション名: 2-B (約115分)

 (内容) 子音 [ t ] [ d ] [ T ] [ D ] の発音
             ソフトD音
[ ] の発音 (その1)

  • 舌の Laminal 位置のポジショニング練習
  • 子音T音、D音、ソフトD音のエネルギー関係について
  • 音節末で使う声門閉鎖音T(100%閉鎖)の発音練習
  • 音節の頭で使う声門閉鎖音T(100%閉鎖)の発音練習
  • 声門閉鎖音Tに子音T音が続く場合の発音練習
  • 子音を平音から激音に変える練習
  • 音節末で使う声門閉鎖音D(100%閉鎖)の発音練習
  • 音節末で使う声門閉鎖音D(100%閉鎖)の直前母音の2度連続発音について
    [ a(:)i ]  -> [ aa:i ]
    [
    e(:)i ]  
    -> [ ei i: ],
    [
    o(:)u ]  
    -> [ ouu: ]
    [
    (:) ]  
    -> [ : ]
    [
    i: ]  
    -> [ i i: ]
    [
    u: ]  
    -> [ uu: ],
    [
    (:) ]  
    -> [ : ]
  • 音節の頭で使う声門閉鎖音D(60%閉鎖)の発音練習
  • 音節の頭で使う声門閉鎖音D(80%閉鎖)の発音練習
  • ソフトD音の発音練習
  • ソフトD音と重要母音の音のユニット発音練習
  • [ ], [ ], [ ], [ ], [ ]
    が含まれる単語やフレーズの発音練習
  •  [ l ] ソフトD音とシュワ音に子音L音が続く場合のシュワ音の音質変化について

(内容) ソフトD音 [ ] の発音 (その2)

  • [ : ], [ : ], [ a:u ]
    [
    a:u ], [ a:u ],  [ a:u: ]
    が含まれる単語やフレーズの発音練習
  • [ ] が含まれる「動詞+不定詞」の音変化と発音練習(need to, decide to, start to, 've got to, 's got to, try to, tried to, trying to, hate to, wanted, to, agree to, agreed to, remember to, remembered to, forget to, forgot to, hesitate to, afford to, proceed to, prepare to, prepared to, guarantee to, guaranteed to, volunteer to, volunteered to, appear to, appeared to
  • [ ] が含まれる「動詞+不定詞」の音変化と発音練習needed to, decided to, started to, hated to, hesitated to, afforded to, proceeded to
  • 不定詞の to部分が [ ] となる重要フレーズの発音練習(me to, you to, how to, where to, who to
  • 声門閉鎖音Tの直前にある子音S音の発音練習
  • 声門閉鎖音Tに子音Y音が続場合の音変化について
  • 声門閉鎖音Dに子音Y音が続場合の音変化について
  • 子音R音の直前にある子音T音の音変化について
  • 子音R音の直前にある子音D音の音変化について

セッション名: 3-A (約115分)

セッション名: 3-B (約115分)

(内容) 母音としてのR[ a:r ] [ o:r ] [  ]
            発音 (その1)

  • R系の音を正しく発音すための下準備
  • [ a: ] [ u: ] [ o: ] の舌位置と口の構え方の関係
  • 声門をできるだけ狭めた状態で(息を減らし声帯の振動量を増やし) [ a: ] [ u: ] [ o: ] を発音する練習
    声門の開き方(狭め方)と声帯の振動との関係についてはここをくリック してご覧ください。
  • [ a BASIC a: ] [ u BASIC u: ] [ o BASIC o: ] の発音練習 
  • 間に声門閉鎖音を入れない [ aa: ] [ uu: ] [ oo: ] の発音練習 
  • シュワ音を発音したまま筒型に舌を巻く練習
  • 「スペリング、および、音のユニットの強勢の有り無し」と「そこで使うR系母音」との関係について
  • [ a:r ] [ o:r ] の直前に[ w ] がある場合のW例外について
  • [  ] に強勢が置かれる場合と置かれない場合のピッチイントネーションの違いについて

(内容) 母音としてのR音の発音 (その2)
            子音としての
R[ r ] の発音

  • 有声子音の直前にある [ a:r ] [ o:r ] [  ]
    [ aa:r ] [ oo:r ] [ ] への音変化について
  •  [ a:r ] [ o:r ] [  ] とそれに続く (t)ten /
    (
    d)den / (t)tan / dan / (t)ton / don / tain /
    tin / dn の発音練習
  • [ a:r ] [ o:r ] [  ] とそれに続く子音 [ n ]
    (Light-N)
     発音練習
  • 強勢が置かれるさまざまな母音と [  ] を融合させ一つの母音として(間に声門閉鎖音を置かずに)発音する練習、および、そのさいに母音によって異なる2通りのピッチイントネーションの使い方の練習
  • 子音として使われるR [ r ] の発音練習(特に「渡り音」と舌を筒型に巻くタイミングの練習)

セッション名: 4-A (約115分)

セッション名: 4-B (約115分)

 (内容)  歯擦音子音 [ s ] [ z ] [ ] [ ] の発音
             
破擦音子音 [ ] [ ] の発音 (その1)

            多重子音 [ Tr ] [ D r ] [ T y ]
               [
D y ]  [ s ] [ r の発音

  • 歯擦音を作るために使う舌の3部位(tip, blade, front)について
  • 舌のポジショニングについて
  • 声と息使いについて
  • 声門閉鎖音の直後に(あるいはほぼ同時に)歯擦音を発することで作る破擦音の練習
  • 破擦音を含む多重子音 [ Tr ] [ D r ]
    [
    T y ] [ D y ] の練習
  • 歯擦音を含む多重子音 [ s ] [ r の練習
  • 破擦音、歯擦音の音の濃さの調整練習

 

(内容) 歯擦音子音 [ s ] [ z ] [ ] [ ] の発音
            
破擦音子音 [ ] [ ] の発音 (その2)
            
破擦音子音 [ ts ] [ dz ] の発音

           多重子音 [ T t ] [ mm ] [ nn ]
                   
[ ll ] [ w ] の発音

  • 破擦音 [ ts ] の出し方とその練習
  • 破擦音 [ ts ] の直後に母音がある場合の発音の
    仕方とその練習
  • 破擦音 [ dz ] の出し方とその練習
  • carscards の発音の違いについて
  • さまざまな歯擦音、破擦音を含む表現やセンテンス
    の発音練習
  • イディッシュ語由来(ユダヤ系)の英語の単語の多
    くに使われる多重子音
    [ T t ] [ mm ]
    [
    nn
    ] [ ll ] [ w ] の発音練習


5-A, 5-B, 6-A, 6-B, 7-A, 7-B
の6回のセッションで北米英語で使われる全19種類の母音について、その基本的な発音方法から自然な流れ(リズムやイントネーションなど)を作るために必要な高度発音技巧までを全てカバーします。

従来の「411式 英語発音完全マスター講座 入門1・2・3、基礎1・2・3」や「英語を話すための口と脳を鍛える講座1・2・3・4・5・6」よりもさらに深く掘り下げ母音を強化するための徹底した練習(唇と舌の固定位置を安定させる練習・舌の移動練習、声門閉鎖の練習、息の量の調節練習、など)を行います。また、母音だけではなく母音の発音に大きく影響をもたらす他の子音の発音練習も含まれます。
 

セッション名: 5-A (約115分)

セッション名: 5-B (約115分)

(内容)  母音 [ i: ] [ e ]  [  ] [ ] の発音
               
[  ] [  ] ( シュワ音) の発音

  • [ i: ] [  ] の舌位置の違いについて
  • [ i: ] から [  ] へ舌を移動させる練習
  • [  ] から [ i: へ舌を移動させる練習
  • [ i: ] から [  ] へ舌を移動させる練習
  • 強勢が置かれる母音の直後に [ D ] [ G ] [ B ]
    [
    z
    ] [ v ]  [ ] が続く場合の母音の2度連続発
    音練習
  • 母音部分をシュワ音化することでより自然で滑らかな響きの音を作るための練習
  • シュワ音化させるタイミング(速度やピッチとの関係)について
  • シュワ音を使った以下の単語の発音練習( of, or, for, have, are, to, going to, because
  • シュワ音と高ピッチシュワ音が交互に現れるフレーズの発音練習
     

(内容)  母音 [ u: ] ( [ : ] ) [  ] の発音
            
It + (助動詞) + be の発音 

  • [ u: ] [  ] の舌位置の違いについて
  • 母音 [ u: ] [ : ](渡り音)との機能の違いに
    ついて
  • 強勢が置かれる母音の直後に [ D ] [ G ] [ B ]
    [
    z
    ] [ v ]  [ ] が続く場合の母音の2度連続発
    音練習
  • wood, would に含まれる音質が近似する3つの
    音、
    [ : ] [ w ] [  ] について
  • It is, It's, It has been, It's been, It was,
    It will be, It'll be, It can be, It could be,
    It must be, It should be, It would be,
    It could have been, It should have been,
    It would have been, It must have been
    の発音練習(シュワ音とソフトD音を使った自然で
    滑らかな響きの音を作るための練習)

セッション名: 6-A (約115分)

セッション名: 6-B (約115分)

(内容)  母音 [ (:) ] の発音

  • 強勢が置かれる al / au / aw / ough / augh 部分で使う母音 [ (:) ] の発音練習
  • 強勢が置かれる [ (:) ] の直後に [ D ] [ G ]
    [
    B ] [ z ] [ v ] [ ] が続く場合の母音の2度連続発音練習
  • al[ (:) ] として発音する場合と子音 [ l ] (Light
    -L, Laminal-L, Virtual-L
    )
    を付けて発音する場合の合計4つの異なるケースについて
  • [ (:) ] にアップダウンイントネーションを付けて発音する練習
  • [ (:) ] を低ピッチで平板型イントネーションで発音する練習
  • of を前置詞として使う場合と句動詞の一部として使う場合の発音の相違について
  • 助動詞 ought to の意味と使い方、および、発音について
  • ought to, ought not to を含む言い回し、および、センテンスの発音練習
     

(内容)  母音 [ (:) ] [ (:) ] [ ]
                    [ ] / [ ] の発音

  • 舌を口中の前部の低い位置に保った状態で発音する母音の [ (:) ] の発音練習
  • [ : ] と長めに発音する場合と [ ] と短めに発音する場合の使い分けと発音練習
  • [ (:) を鼻母音化させた [ (:) ] の使い方と発音練習
  • [ (:) を発音するさいに少し舌位置を高くすることでできる [ の発音練習
  • [ ] / [ の発音練習
  • 北米英語(アメリカおよびカナダで話される標準英語)で起きる(言語学の分野で) Merry-merry-marry Merger と呼ばれる音変化現象について
  • Merry-merry-marry Merger によって起こる音変化を使った発音練習
  • 母音を発音するさいのピッチ(音程)の調整と適切化について

セッション名: 7-A (約115分)

セッション名: 7-B (約115分)

(内容)  母音

準備中

(内容)  母音

準備中

BLK

BLK

 

申し込み方法

既に当スクールに入校なさっている方:  受講生専用ウェブサイトに ログイン して詳細をご覧ください。

まだ当スクールに入校なさっていない方:  ここをクリック して申込みの詳細をご覧ください。

BLK

 

現在、このページは準備中です。

  

 

 

 

 

 

hit counter for myspace